女の意地 聴き比べ
生涯現役 男のアンチエイジング
男のアンチエイジング

皆さんこんにちは、tomotakaです。

今日は、『女の意地』聴き比べになります。

本家の歌が素晴らしいからこそ、カバーしてみたい。

歌って見たいと思うわけですよね。

それは、私たちがカラオケで歌ってみたいと思うのと同じだと思います。

どんなに良い楽曲でも必ずしもヒットする訳ではありません。

また、どんなに優れた歌唱力を持っていても、

活躍できるわけでもありません。

一つのヒット曲には、それぞれの出会いや、思いが込められています。

その人の思いによって、歌は息吹を吹き込まれます。

今日も良い出会いに恵まれますように

聴き比べ、お楽しみください。

『女の意地』

「赤坂の夜は更けて/女の意地」(あかさかのよはふけて/おんなのいじ)

196512月にリリース

197012月「女の意地/傷ついた花びら」リリース

作詞・作曲鈴木道明

編曲 川上義彦

40万枚

ポリドール レコード

西田佐知子

西田佐知子

藤圭子

藤圭子

桂銀淑

桂銀淑

内山田 洋とクールファイブ

内山田洋とクールファイブ

偶然ですが

藤圭子

前川清

元 夫婦での共演となりました。

お二人共に

独特の世界観を持っている歌手ですよね

自分の歌にしていますので

同じ歌には聴こえませんね

桂銀淑は

やっぱり上手い

好きな歌手の1人です

西田佐知子さん

声と歌い方は、誰も真似できないですよね。

残念ながら

関口宏さんと結婚なさってからは

一線からフェードアウトして

引退してしまいました。

今日の聴き比べ如何だったでしょうか

私は

本当に聴き比べ楽しみです。

聞きたい歌を

いろんな方が歌っているのを知って

聴いてみると

それぞれに味があり

世界があり

引き込まれてしまいます

歌って良いですよね

また

是非

お越しください

よろしくお願いいたします

男のアンチエイジング

音楽 歌カテゴリの最新記事